2014
03/28

Klabの期待作「ファンタジックイレブン」を遊んでみた。売りのコマンドシステムが上手く機能していないかも。

KLabが1番推していたと思われる「ファンタジックイレブン」を遊んでみました。

—プレイ状況——-
プレイ期間:2~3日
レベル:7
課金状況:無課金
————————

ループは普通のカードバトルループです。

僕のプレイした感覚だと「クエスト」ではなく、対戦部分がメインです。

このゲームって「見守るだけのゲームはもう飽きた」としているにも関わらずスキップ機能が存在して、「見守るだけのゲーム」に変更することが可能です(笑)

途中から僕は「見守るだけのゲーム」に変更してプレイしていました。

これって、結構大事なところで、パズドラのように「クエスト部分をメインに置く場合」はスキップできるような(言い換えるとスキップしたくなるような)ゲームにしたらダメだと思います。

これだとポチポチのカードゲームと全く一緒です。

ゲームの内容としては、コンシューマー機のウイニングイレブンのようにリアルタイムで十字キー操作を行うような場面はなく、基本的にはオートで進み(動画を見ているイメージ)、要所要所で、上記のような選択を迫られます。

EASYやMEDIUMのような難易度記載があり、当然ながらだいたいの場面でEASYを選択します。どういった時にMEDIUMを選択するのかちょっとよく分からない。

ヘルプを確認すると「ドリブル系の選択肢の場合、ドリブルを行う選手カードのパラメータが成否に影響します」「パス系の選択肢の場合、パス元の選手カードとパス先の選手カードのパラメータが成否に影響します」とあります。

コマンド選択時は選手のパラメーターを閲覧できないため、「もしやこのゲームは記憶力ゲームじゃね?選手の特徴を覚えて、最適な選択肢を選んでいくのか」と、思って選手のパラメーターを確認してみると

パラメーターがオフェンス、ディフェンス、テクニックしか無い・・・。スキルはあるけど・・・。どういったことなんだろう。

柿谷(上記のカード)の場合はフェイントスキルがあるから、選択肢に迫られた時はドリブルを中心に選べば良いのかな。その際はパスがMEDIUMで、ドリブルEASYって表示されてたとしたら、そもそもスキル記憶する必要もないよな・・・。

って、感じで「揺れ」が良く分からない仕様になっております。

そして、試合中右上に表示されているサクセスポイントバー。選択肢の中にも出てきますし、それ以外でも

カットインで上記のように出てきたりと、ゲーム内で結構プッシュしております。

最初は「貯まると必殺技的な何かが打てるのではないか・・・」と、思っていたのですが、色々調べたところ

餌カードのドロップ率を上げるためのものっぽい・・・・。うーん。って感じ。まぁ、コンプリート報酬をクエストによっては良い物にして、何回も挑戦して欲しいって狙いなんだろうけど、どうなんでしょ。

クエストがポチポチ型に近いので、メイン要素となるソーシャル対戦ですが、戦いまくってBPを貯めるオフィシャルリーグと、純粋なデッキの強さで競うオートのワールドオートリーグの2種。

結論、普通のカードバトルゲームですね。

「クエストを中心に置く」には「揺れ」の部分が少し厳しいかなと思いました。

※個人の感想です。

人気記事

    None Found

経済ログ最新記事

  • No items

コメント

comments