2014
02/17

enish(エニッシュ)が「ぼくレス3」含めて7本のネイティブタイトルを開発中らしい

enishの2013年12月期決算。

前期と比べると文句無しに伸びています。営利11億はウハウハではないかもしれないけれど、堅実というか、手堅いというか、着実に利益出している印象を個人的に持っています。

売上は地道にだけど右肩上がり。4Qはもろもろコスト増で営利減少とのこと。

「ぼくレス」はもう下げ止まりなのだろうか。「ドラゴンタクティクス」の地道さも凄いし、じわじわ上がってきて、「ぼくレス」と、「ドラゴンタクティクス」に追いつきそうな「ガルショ☆」も凄い。

「ガルショ☆ってなんだっけ?」と、思ってググったら、アパレルショップの経営みたい。ぼくレス系かな。この地道な上がり方は運営力あるんだろうなぁ。

さて、ここからが注目なのですが、4Qで外注費が他Qと比較して1億円程増えています。ネイティブアプリ開発による外注費増とのこと。

で、なんとネイティブ7本も開発してる。凄い。社員166人で7本って凄いな。

来ました、ぼくレス3。結果出るのが凄い興味ある。見た目、アメーバピグっぽいな。こういったアプリも当たって欲しいよね。

こっちは何系だろうか・・・。海外っぽいテイストだけど。

「そーいえば、ネイティブのドラゴンタクティクスインフィニティってどうなったんだろう」と思い、調べてみると

苦戦しているみたい。enishといえども、カードバトルじゃダメなのかな。

と、いうことで、enishのネイティブアプリ楽しみです。CROOZも7本作ってるって言ってたし、各社結構ライン割いてるな。激戦なり。

人気記事

    None Found

経済ログ最新記事

  • No items

コメント

comments