2014
01/21

スマホゲームの事前登録ってやった方が良いと思うけど、お金かけるべきかは悩む

フルボッコヒーローズとか、ワンダーフリックとか見ていると事前登録が盛り上がってきている気がします。予約トップ10も。

ブレフロとか、チェンクロみたいに、リリースした瞬間にトップセールス上位とか入るとカッコ良いし。やりたい。

で、D2Cさんが「ゲームリリース前の事前登録って効果あるの?~結婚RPG 戦場のウエディング~最新速報値を大公開!」の記事で、結果を解説してくれている。

2万人登録で、2,750人がインストールしてくれたらしい。

①  事前登録ユーザー数は、約2万人!
約2か月実施した結果です。この結果から、事前登録ユーザーを獲得できる市場ができていると感じています。登録ユーザー数の割合は、公式サイト:事前登録代行サービス=約2:1でした!

②  事前登録ユーザーのストア遷移率は55%、CVRは25%!!※1
下記2点を押さえていました!

【事前登録ユーザーへのメール配信時間】:夕方のピークタイム(18時~)前

【メール内容】:
・ゲームの推したい部分
・ユーザーにとってバリューとなる部分(インセンティブ)
※1:CVR = インストールしたユーザー数 ÷ ストアに遷移したユーザー数

上記2点を踏まえると、広告効果は約300万円となります!
※CPI1,000円換算
150万円位広告出稿していたようなので、費用対効果は200%強ですね。(ボソッ )
ただ、正式リリースして数日しか経過していないので、広告効果はもう少し上がりそうですね。
(引用元:D2Cスマイル。赤字は僕が装飾)

ドバっと、引用してしまいましたが、CPI1,000円換算で広告効果300万。モチベーションが高いユーザーと考えれば悪くない・・・かもしれない。でも、気になるのは150万円位広告を出稿していたという部分。

まぁ、大々的に事前登録やるところは、多少広告出しているところも多いかと思います。

で、上記の画像で分かる通り、事前登録2万人で、リリースメール時に55%の11,000人になっちゃってるところ。これがリリース後で既にプレイできる状態だったら2万人だったかもしれない。インストール率が同じ25%だとしたら5,000人になるので、事前登録じゃなくて、リリース後に広告打った方が良いことになる。

だから、メディアに告知するくらいで良いような気もするなぁ。フルボッコのリセマラガチャみたいにネタ系でバズらせるのは良いと思う。あとは有名声優やイラストレーターを捕まえて、打ち出したり。

と、数字だけの見方もしつつ、事前に大々的に告知することによる「大作感」や、「期待感」が出るのも感覚的には分かっているので悩ましいですな。数値化できない。ホントに実際どうなんですかね。D2Cさん教えてくれないかな。

ある一定数以上の事前登録者を獲得したら「大作感が出る」とか、「一斉に始めるユーザーが多いのでバズりやすい」とかありそう。

今、個人的に事前登録中で楽しみなのはソードオブナイツドラコレRPGです。

人気記事

    None Found

経済ログ最新記事

  • No items

コメント

comments