2012
07/05

原付廃車無料を信じて良いのか 廃車体験記

僕は駅徒歩1分の物件に住んでいます。駅まで近いため、所有していた原付バイクを全く使わなくなりました。にも関わらず、駐輪場代として月3,000円を浪費していたため、原付を廃車にすることにしました。

廃車の方法を調べてみると、市役所で廃車手続きをすることは分かったのですが、バイク本体の処分は、自分で業者にお願いするとのこと。

検索すると、リスティング広告含めて物凄い数が出てきます。しかも、ほとんどが「無料」。
無料ってちょっと怖いですよね。どこのHPも「無料」のくせに「査定」があったりするんですよ。なんかしら理由つけて有料になるんじゃないかな・・・とか、そのへんに原付捨ててくんじゃないだろうな・・・とか考えてしまいます。会社概要みても、どこも小っちゃいバイク屋さんだし不安。

「無料じゃなかったら結構です」と言う意気込みで、検索で上位に表示された「原付バイク廃車くん」に問い合わせてみた。僕はコミュニケーションが得意ではないので(←え)、メールで問い合わせた。

問い合わせメールを送って、5分もたたないうちに「原付バク廃車くん」から電話が。車種(なんか何年式みたいのがあるみたい。機種の最初のアルファベット言ったら伝わった)を伝えたところ、「動くのであれば無料で大丈夫です」とのこと。

しばらく乗ってなかったので「エンジンかからないんです。。」と伝えると、「しばらく乗ってないと、エンジンかからなくなるんですよ。壊れてはないと思うので大丈夫ですよ」と親切に対応頂き、後日トラックで回収に来られました。

業者によっては、役所への廃車手続きを代行してくれるところもあるみたいですが、ここはやってくれませんでした。市役所行くのは、そこまで手間じゃないですし、しっかり廃車手続きしてくれるのか心配だったので、どっちみち自分でやったと思います。

市役所で1点だけ気になる点が。手続きの際に「廃車証明書」というのを貰えるのですが、それが無いと新しい所有者は登録手続きが行えないらしいです。

ということは・・・どうなんでしょう。市役所の方によると「分解して売る」パターンもあるそうです。業者さんは「壊れてないですよね?」と気にしていたので、そのまま売るのかと思ったのですが、パーツの話だったんですかね?もしくは海外に売るのか。

変なところに捨てられてたり、悪いことに使われていないことを願いつつ、無事に無料で原付を廃車することはできました。

ちなみに僕は中型二輪の免許も持っているのですが、免許取得以来1回も乗ってません・・・バイク結構重いですよね。ビッグスクーターだったら乗りやすいのかな。

 

人気記事

    None Found

経済ログ最新記事

  • No items

コメント

comments