2013
11/17

GREEの「コスト削減」、スピードが早くとても順調そう

グリーの2014年6月期第1四半期決算。

前四半期と比較して、売上が17億円落ちているにも関わらず、営業利益が20億円も増。早くもコスト削減効果が出ているのは素晴らしい気がします。

広告宣伝費をかなり減らしているため、翌Q以降の売上減少に、加速がかからないか心配な部分もありますが、費用対効果をよく見て、見合わなかった物から順に削減していると思うので意外と影響少ないってこともあるかもしれません。固定費で19億円も削れたのは大きいですね。

市場がまだまだ伸びると思ったら人を採って勝負をかけるべきだし、天井だと思ったらコストを削減して利益を維持する。とっても当たり前のことですし、GREEはその切り替えスピードが早い気がしています。

四半期売上が半分以下の150億になったとしても通期で600億でしょ?その規模なら赤字に転落しないで頑張れるような気もする。薄利のビジネスじゃないですし。無理かな?

コンパクトにして、体制立て直したら余裕が出てくるので、また伸ばしてくるかもしれない。

ネイティブは新ジャンル狙いかぁ。正直、リスクある気がするけどどうなんだろう。GREEくらいキャッシュがあれば挑戦するべきな気もするけど、コロプラのような堅実な戦略(有力タイトルをベンチマークしつつ、側替えとかのレベルではなく勝負する)の方が向いてる気もする。

上図右の「企画者・エンジニア1人ずつペアとして複数チーム作成し、2週間で新タイトルのプロトタイプ開発を繰り返す」って凄いですね。こういった企画系の仕組み化は難しい側面があるけど、アリかも。

人気記事

    None Found

経済ログ最新記事


Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/users/2/lolipop.jp-964f40ad7b48918/web/wp-content/themes/twentyeleven/content-single.php on line 175
  • No items

コメント

comments