2013
08/02

僕が決算資料を見る理由と、ただの個人ブログが優秀な方々から意見を頂けるミラクルに感謝

gumiの記事が炎上というか・・・いろいろと議論を巻き起こしてしまっております。ちょっと僕のコミュニケーション能力の足りない部分が出て、書き方を間違えてしまった部分があるかと思います。特に喧嘩を売っているわけではありません。

実際gumiのゲームで遊んでいますし、ブレイブフロンティアを絶賛しているの記事を見れば分かるかと思います。ステマっぽかったのでgumiの人じゃないかと思われた程です。gloopsがイグジットしてしまった際も、「gumiには独立系で頑張って欲しいなぁ・・・」と書いています。

国光さんの講演も参加させて頂いたことがあって、「孫さんがi phoneを引っ張ってくれたおかげで、早いタイミングで世界共通のプラットフォームに馴染むことができて、日本のソーシャルゲーム市場が大ブレイクして、GREEやmobageが良い感じに競いあって、こんなに世界で勝負できるタイミングは他にない」というお話を聞いて「なるほどなー。勝負すべきだな。カッコ良いな」と、普通に思っていました。

で、僕がなんでこんなに決算資料を見ているのかというと、別に趣味でも無いし、ブログのPV数を稼ごうということでも無いです。決算資料っておもしろいんですよ。特に決算説明資料。その会社がどういった戦略を持って、結果がどうなっているかが分かる。市場環境を見るのにも、ベストな戦略を探すのにも凄い良い資料なのです。

だから結論から言うと「自分のサービスを成功させる角度を上げるため」に見ています。勉強です。

gumiに関しては「うわー、赤字だ。バカじゃん」とは、みじんも思っていなくて、「色々難しいな」と普通に思っています。たまたまgumiが出ただけで、他にも苦しんでいるSAPがたくさんあります。以前記事でも書きましたが、ゲーム業界はギャンブル要素が非常に高まっていて、夢がある一方で危険なビジネスだと認識しています。

パズドラが出たから「よっしゃ、ネイティブだ。パズドラ作るぞ」と、意気込んでも、実際当たるのは1%以下の確率です(パズドラ規模)。それだけ日の目を見ていないアプリがあります。そんな中で「一発逆転アプリ」を狙うのか「無難に稼ぐアプリ」を狙うのかも悩ましいですし、そもそも「一発逆転アプリ」が何なのか、「無難に稼ぐアプリ」が何なのかも正解は無いです。「一発逆転アプリ」が無難に着地したり、「無難に稼ぐアプリ」がスパークすることもあるでしょう。

SEGAを筆頭に最近はゲームメーカーが積極的にスマホゲームに参入していて、クオリティを見て凄さを実感します。次のパズドラを作るのはSEGAなんじゃないかと真剣に思います。僕のようなWEB系の人間が、本当のゲームメーカーの人たちとガチンコで戦うべきなのかどうか・・・とか悩みます。

もちろん夢を見たいとも思うし、利益を出したい(会社を潰してはいけない。会社に貢献したい)とも思う。まぁそんな感じで自分の中で理想と現実を葛藤させながら戦略を考えています。5年後10年後も勝ち残れる戦略を。

ビジネスって正直正解は無いと思います。僕はありがたいことに、ブログをやっているおかげで、僕なんかがお会いするのには恐縮するくらいの優秀な方々とお話をさせて頂いております。でも、みんな言っていること全然違うんですよ(笑)

だから答えなんか無いし、極論結果が全て。

gumiの記事で言うと、
・いけるっしょ。挑戦あるのみ。
・やばいんじゃない?
の2拓の意見が多いですが、重要なのはどうやって勝っていくかで、出口の探し方が大事だと思っています。

挑戦だけだったら、全員が突撃して、「ほぼ、全滅してしまいました」みたいなことが起こると思います。なので、自分なりに噛み砕いて僕の答えを探しています。

本当に色々な方々に批判されたり、支持して貰ったり、超恵まれた環境におります。ブログって凄いなぁと。何度も言いますが、ただの個人ブログですからね。これ。

なんか無理矢理、僕の所属企業と繋げたがっている人がいるけど、これは個人ブログで、個人の意見言ったって良いでしょ。僕は自分が天才だと全く思ってないし(どちらかというと劣等生)、僕の考えが正しいとも思ってない。「そーゆー考えもあるのかー」、「コイツはそう思っているのかー」程度に見てください。

僕も批判意見も「何言っているんだコイツ」とかは全く思ってなくて、「なるほどー、そういう考えもあるのか」と思ったり、「でもなー」って思ったり色々勉強させて貰っています。

このブログが「うん、ですよね。間違いないっす」しか言わなかったらつまらないでしょ。

ただ、それなりに見て貰えるような記事がかけるのは前にいた会社のおかげで、書けるようにして貰ったのはありがたいなーと思っています。

でわ。

人気記事

    None Found

経済ログ最新記事

  • No items

コメント

comments